高知・伊勢海老弾丸ツアー

暇なのに休めない・・そんな正月も明けて、成人の日を迎える頃になってやっと通常の生活に戻った我が家。そんな折、友人のmachaさんから「高知に伊勢海老食べに行くんだけど・・一緒に行かな~い?」のお誘いが。
い、伊勢海老?・・ってあのオセチに入ってるやつ?
・・なんだかよく分かりませんがそんな美味しそうなお誘いには乗らないわけにはいけません!
もちろん「行くーー!」二つ返事で・・
というわけでグルメブロガーさんの高知・伊勢海老弾丸ツアーに同行させていただきました!笑
e0098547_1573113.jpg
目指すは高知県・須崎市の池ノ浦。
岡山を10時半出発で1時半に予約を入れてあるのでほぼノンストップで現地に向かいます。
e0098547_0183028.jpg
この辺りまで来るとポカポカとしてかなり暖かい。
岡山を出発した時には3度だった外気温センサーは15度に・・
さすが南国土佐です。
e0098547_0193659.jpg
看板が見えて来ましたー!そろそろですね~!



この辺りはのどかな漁村地帯。
すれ違う車も1台もなくこれから向かうお店も地元の人しか知らないお店かと・・
e0098547_0195510.jpg
予定時間より20分前に到着しました。
こちらが今回お世話になった「いせえび料理 中平」、伊勢海老料理の専門店です。
e0098547_0202826.jpg
こんなパーキングメーターがありますがこちらでお食事をする人はお金入れなくてもいいそうです。
e0098547_0201239.jpg
無事時間通り到着。Yoo-Yooさん、ありがとう~!
e0098547_0204497.jpg
席に着いてすぐに出てきました、イセエビ活け造り。 
e0098547_021520.jpg
写真ではうまそうですが・・実際には足がまだガサゴソ動いてて残酷と言うか・・ちょっとグロです(汗)  ・・一緒に撮った動画は没にしました(;^_^Aあせあせ
e0098547_0213123.jpg
私、実はナマの海老はどちらかと言うと苦手。なので今回、伊勢海老と聞いてあまり気乗りがしなかったのですが・・このお刺身を食べてビックリ!うまいですー!鮮度が違うとここまで違う?
e0098547_0215080.jpg
こちらの伊勢海老鍋、シンプルにお塩だけで味付けされた潮汁風。溶け出したえびみその旨味のせいかもしれませんが、えびだけでここまでうまい出汁が出るの?って感じです。
e0098547_0226100.jpg
まずは今回の伊勢海老ツアーの言い出しっぺYoo-Yooさんから。
なんでも正月番組で紹介されてた伊勢海老料理に納得がいかず・・「いや!絶対にあそこのお店の方がうまい・・はず!」とお誘い下さりました(笑)
e0098547_0222827.jpg
頭と胴を食べ比べて・・おー!頭の方がうまい!
胴の方が身がプリップリで確かに食べ応えがありますがあくまで予想どうりの味。
頭の方は・・予想を超えるうまさです~!
e0098547_023063.jpg
みそに絡めて食べるとこれまた絶品!おせちに入ってる伊勢海老とは全くの別モノです。
なるほど~!Yoo-Yooさんがわざわざ高知まで行こうと言うわけですな。
e0098547_0234556.jpg
驚いたのがこちらの海老脚。
この中にもしっかりと身が詰まっていて抜群にうまい!これには全員やられました!笑
e0098547_0231450.jpg
ボビー婆さんから「ウチの分も買ってきて」と頼まれてたので・・こちらのお店で分けて貰いました。
生きた伊勢海老は湿らせた新聞紙に包んで室温で持ち帰ります。
車えびのようにおが屑に詰めたり、他のえびのように氷詰めにするのはNG。真水にあたるとかなり味が落ちるとのこと。
e0098547_024225.jpg
トイレに行ってる間に逃げ出して・・ちょっとした騒ぎに!笑
e0098547_0241717.jpg
〆はもちろん雑炊で。
e0098547_0243981.jpg
えびのエキスが染み出た雑炊は最高にうまい~!お腹も満腹になったところで・・
「いやーー!まっことうまいきー、また来んといかんぜよ!」・・とお店を後にしたのでした(笑)
e0098547_02528.jpg
お店の前にあった果物の直売コーナーにて・・
暑いのか寒いのかよく分からない格好でネタ探し中のmachaさん( ´艸`)
こちらの直売所で、スイカを発見!この季節に露地モノのスイカとは・・初ものにしても早すぎ?
e0098547_0251776.jpg
さあ、スイカもメロンもGETしたし・・そろそろ次の目的地に行くぜよ!
そう・・土佐といえば・・もうおわかりですね(笑)

by jedai16v | 2010-01-11 14:55 | 食べ歩き  

<< 日本の夜明けは近いぜよ ピノにもお年玉 >>